本文へスキップ

つりエサ豊漁は様々なスタイルに合わせた仕掛け、エサ、情報をご提供いたします。

釣行の際はライフジャケットを着用しよう!  ゴミは持ち帰ること!       〜釣り人のマナーです〜

TEL. 0244-38-6503

〒976-0022 福島県相馬市尾浜字原219−1

つりエサ豊漁

震災関連情報disaster

放射線関連情報

リンク集

公益社団法人日本アイソトープ協会

アイソトープ豆知識
⇒放射線についてわかりやすく説明されています。

放射能汚染された食品の取り扱いについて

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf
⇒飲食物の摂取制限に関する指標

ベクレルとシーベルトの変換:社会情報リテラシー講義付録

http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/~kyo/dose/
⇒ベクレル(Bq)は生体への影響を表す量ではありませんから、影響を考えるためにはシーベルト(Sv)に換算する必要があります。換算シュミレーションで500Bqは何mSvになるかな…?

独立行政法人国立がん研究センター

放射性物質と発がんについて
「発がん物質と発がんリスク」(PDF:441KB)
⇒自然界からの年間放射線量、自らが「呼吸する」だけで1260μSv(マイクロシーベルト)相当あるそうです

「放射線の発がん影響について」(PDF:374KB)
⇒成人が1000 ミリシーベルトを一度に(瞬間的に)被ばくすると全固形がんの発がんリスクが1.6 倍に増加します。これは非喫煙者と比べた場合の喫煙者のリスクの増加程度とほぼ同程度です

「わかりやすい放射線とがんのリスク」(PDF:489KB)
⇒がん発生リスクとして、「運動不足」と「200-500mSv(ミリシーベルト)」は同じくらいの倍率であることに驚きです。

独立行政法人日本原子力研究開発機構
 

〜放射性物質の基礎〜知りたい!聞いておきたい!水や食べ物と放射線の話のまとめ
⇒独立行政法人日本原子力研究開発機構量子ビーム応用研究部門(高崎)小林泰彦氏
根拠のない「安心」ではなく、冷静に平常心で「正しく怖がる」ことが必要である。正確な知識と情報を味方につけて、無用な不安を減らすこと

財団法人エネルギー総合工学研究所

福島原発から放出される放射性物質の人体への影響について
⇒原子力工学センター部長(安全解析)内藤正則氏
放射能についての基礎理解テキスト。平易な内容です

やっかいな放射線と向き合って暮らしていく基礎知識

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/radbookbasic/l
⇒著者談―「安全だよ。安心してください」と言うために書いたのではないし、「危険だ。心配しなくてはいけない!」と言うために書いたのでもない。
ただ、放射線や原子力について知っておいた方がいい(とぼくが判断した)基礎知識を説明し、それから、「放射線はどれくらい体に悪いのか」ということについて何がわかっているかを丁寧に解説した―

石丸教授「原子力発電所事故と魚介類の安全性」についての講演

http://www.fishing-v.jp/news/lecture.html
⇒釣りビジョン 動画リンク

相馬港及び小名浜港内の放射線量測定結果

福島県ホームページ
⇒相馬港及び小名浜港では、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う風評被害対策として、港内の大気中・海水中の放射線量を測定し、結果を掲載します。

農林水産物モニタリング情報

http://www.new-fukushima.jp/monitoring/
⇒食品中の放射性物質の値を、地域や作物などから最新の情報を検索できます。


本サイトの利用によって生じたいかなる損害に対しても、作成者及びリンク先製作者その所属組織は責任を追いません。

バナースペース

営業時間

平日  03:00〜18:00
土日祝 03:00〜18:00
定休日 毎週火曜日



つりエサ豊漁

〒976-0022
福島県相馬市尾浜字原219−1

TEL 0244-38-6503
FAX 0244-38-6161
E-mail turiesa-houryou@clock.ocn.ne.jp

http://houryo.co.jp/